もっと早く気づくべきだった

不登校、高校中退の救済を目指すサポーターの皆様

 

 お早うございます。昨日は内海医主催の第二回精神薬の薬害を考えるシンポジウム@東京大学に行ってきました。

 

 内海医師とはfacebookを通じて知り合い、精神薬のことを教えてもらいました。

 

 不登校や高校中退で薬? 関係ないじゃん?って思われる方もいらっしゃると思いますが、 10年位前から、異変が起こってきました。不登校になると精神科医や心療内科の先生を訪ね、薬を飲む生徒がでてきたのです。

 

 シンポジウムでは向精神薬で25歳の息子さんを亡くされ、医療裁判をしているお母様の話が印象的でした。

 

<25歳の息子を亡くし>

 

息子はまじめな大学院生でした。先輩との人間関係に悩み、大学に行けず、また、ひどく落ち込んでいたので、○○大学付属病院の精神科医に診てもらいました。

 

 診察時間は10分程度、「眠れますか?」「食欲は?」等と、 簡単な問診後に薬が出されました。飲み始めると、状態が悪化したので、また、診察を受けると「想定通りです。では薬を増やしましょう」と。

 

 その後、朝起きれずに、昼夜逆転、通院して2年余りで、死亡。
 〜中略〜

 

 私も、心療内科(=精神科医)の薬を信じて、生徒が事件を起こした、目がうつろになって、勉強どころではなくなったケースをみてきています。 もっと、早く、薬の危険性を気づくべきだったと悔やまれます。皆さん、どう思いますか? 

 

 参考までに シンポジウムの動画http://bit.ly/Ius0PD

Facebook Comments
ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2012年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る