サポート校はなぜ必要なのか。

不登校、高校中退の救済を目指すサポーターの皆様
もう11月ですね。一年がホントあっという間。

 <通信制高校は何故、サポート校がついているの?>
 相談者から、上記の様な質問がありましたので。

子供を持つ親なら、「こどもちゃれんじ」って知っていますよね。子供にやらせたことある方は共感いただけるかと思うんですが、小学生の子に対して、親が監督しないと、溜まってしまいますよね。

 

ここで、しっかり、子供が勉強の習慣を身につけると、中学生になり、テストで役立った等と、やる気を出し、塾通いしなくても良い成績が取れるものです。

高校生で通信制高校への転学(高校転校,転入,編入)を検討しているお子さんは小学生のように従順にチャレンジのような課題をやってくれるものでしょうか? ほとんどの親御さんは高校生の勉強を教えられませんからね。

わかりますよね。ここで、通信制高校の課題やレポートを指導するていうニーズが生じるのです。サポート校は通信制高校の課題などを指導し、生活習慣を維持するところなのです。

 教育関係者と連携を図ってます
https://www.youtube.com/watch?v=kI2Zmy4NYdo

 

都立高校転校やサポート校の情報はNPO高卒支援会へ

 

Facebook Comments
ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2012年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る