公立高校転校制度、拡大に向けて 

ワークショップの様子

不登校、高校中退のサポーターの皆様

こんにちは 先日、「高校中退問題の生の声に触れる」と題するワークショップ(座談会)を開催しました。参加者はマスコミ関係者様、高校中退を経験した保護者、本人、元都立高校教諭、大学教授(教職員養成 担当)、会社経営者、大学生など、様々な方々から、意見、提案をいただきました。

 

全国の中退および、公立高校の転校状況を参加者に説明しました。

以下、参加者アンケートから。

【初めて知ったこと】

 ・地方には東京と同じ公立校の転入、転学制度がないこと

 ・中退者に対する高校の対応→公立にあるまじき対応

 ・学校の本音と建前がわかった(受け入れたくない)

 

【変えなければならないと思ったこと】

 ・転編入について東京都教育委員会に電話すると「どこの学校でも募集がありますよ」実際は「カリキュラムの整合性でムリ」という門前払いの学校が多かった、難しいなら、難しいと言って欲しい!

 ・都立補欠募集の開示、報告はすべき

 ・もっと、退学者を受け入れるべき

 

【自由記述】

 ・旧態的な教育制度は打破すべき(マスコミ関係者)

 ・学生、親御さんの生の声が聞けてよかった。 中退問題が具体的に分かった(マスコミ関係者)

 ・公立高校への転校のチャンスは全国に広がれば良いと思いました。(保護者)

 

Facebook Comments
ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る