何気ない一言

おはようございます。インターン生の五十嵐です。

 

 

新学期が始まってもうすぐ2か月が経とうとしています。生徒同士の仲も深まりつつあるようで、昨日は数学の問題を一緒に解くなど、楽しく勉強をしていました。2か月前までは、なるべく他人と関わらないようにしていた生徒達を見てきたので、思わずほっこりしてしまいました。

 

その日の休み時間に「将来はニートになりたい、ずっと遊んでたい。」と冗談で話していた生徒達。そこに代表が一言。

 

 

 

「社会から見捨てられる存在に、君たちははなるのかい?」

 

 

 

その言葉に何かを感じ取ったのか、そのあとは和気藹々としながらも、ニート宣言はしなくなりました。

 

 

確かに厳しい言葉かもしれません。しかし、これは事実です。生徒達も不登校や引きこもり経験者が多いので、実体験として感じてきたのだと思います。ただ、それでは良くない、自分自身を変えたいと本気で思ったからこそ、今は毎日規則正しい生活をし、勉強をしているのだと思います。

 

 

その決意が現実のものになるように、私なりにお手伝いできることは精一杯したいと改めて思いました。

Facebook Comments
ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る