パッと表情が明るくなった

高校不登校でお悩みの方

「新学期か!?」とため息を…

このまま、欠席が続くと、ヤバイ状況に。こうした状況でも絶好調だと思って下さい。

「何でこんな状況で絶好調なんだよ?」って思われる方もいらっしゃるでしょうが、

「想像がつかないほど、絶好調になるんです。下記の例をご覧下さい」

【パッと表情が明るくなった】

一ヶ月前、親御さんに伴われてきた時のご本人はもぬけの殻状態だった。スタッフが色々とカウセリングしても、反応はあまりよくなかったんです。昨日、一人で、当会の願書を出しに来たときは表情が明るくなり、雰囲気が変わったんです。

「君、随分、明るい感じになったなあ!」

「はい、旅行に行って、気分転換ができました。」

「これからは勉強、勉強というのではなく、好きなことをやったりして、自分探しをしなよ! それで、勉強に自信がついたら、いつでも大学は行けるから」

〜中略〜

くどいようですが、本当に彼は雰囲気が変わった。素晴らしくよい男になったんです。30年もやっていると、一瞬でその子の状態がわかるんです。レベルの高い、一貫校に在籍していて、勉強、勉強の毎日だったんだろう。

ほとんどの高校は生き残りを賭けて、予備校化しており、キャリア教育をやる余裕が無いと思います。

「何で勉強をやらないといけないのだろう?」といった問に

「取りあえず、勉強やっておけ。目指すは東大、早慶MARCH」

という会話があったとしたら、大人の都合ではないか? 高校は予備校ではなく、将来、何をやりたいのか? 自分探しをするところです。 

皆さん、そう思いませんか?

高校教育を再定義する!

不登校塾東京 不登校中学生、高校生対応
Facebook Comments
ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る