心のリハビリ

 

皆さんへ

お早うございます。「不登校は誰にでもおこりうるもの!」と文科省が認めて、数十年が経ちました。最近は不登校期間が6カ月以上となっているケースがあり、引きこもり状態が多いんです。

Pasted Graphic

 
【心のリハビリ】

不登校期間の過ごし方なんですが、無為に時間を潰していると、後に、様々な心のリハビリをやらなくてはいけないのです。
例えば、
中学校を一年以上、行ってない子が高校進学はできたものの、友人を作れない、作ろうとしない事が原因となり、高校中退?となってしまうケース。

人と接していないと人と会うのがおっくうになったり、そもそも、積極的に交われないのです。僕はコミニケーション能力の退化と呼んでいますが。
 
親御さんからも
 
「不登校になる中学生以前は活発な子だったんですが、どうなっちゃったんでしょう?!」と。
 
そもそも、明るい子が引きこもりを経験して、使わない能力が退化してしまったのです。 こうした場合はチョットずつ、リハビリが必要なんです。
 
ご本人によって、リハビリは様々なやり方が、あります。
30年以上の経験でお子さんを立ち直らせます!ご相談下さい。
 
引きこもりから社会性を持たせるため、教室を飛び出して、養老乃瀧様で授業を展開しております。
下記の参加メンバーの半数は引きこもり経験者です。ご覧下さい!!
 
 

 
 
みんな元気に立ち直れるのです。今日も一日、絶好調で頑張りましょう。

 

Facebook Comments
ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る