自主退学後の将来を考える

皆さん、おはようございます。

昨日はblog書かなくてすみませんでした。

 

【自主退学後の将来を考える 校長先生】

「杉浦さん、うちの生徒、問題起こして、自主退学をご両親に伝えることになりそうです。その後の進路相談、お願いしていいですか?」

「はい、大丈夫ですよ! 鑑別、少年院に入った子も含めて、昔から、そういった子のも面倒も見ていますから。」

「アッ、良かった! そういった子にはどんな進路選択がありますか」

「ここからは私立の通信制サポート校でしょうね。社会経験とか、つんだ方が良さそうですから、バイトなども紹介しつつ、高校卒業を目指すという感じですかね?」

「そうですね。そういった方が良いかもしれませんね。その子は一対一で面談すると、そんなに悪い子じゃないんですよ!」

「仲間が居ると暴走するタイプですね。環境を変えて、実社会にもまれると良い子になると思いますよ」

 

~中略~

 

まともな教育者が”生徒に学校を辞めろ”と言わなくてはならないのは悩むところだと思います。

それでも、生徒の為に「うちでは置いていけないけど、生徒の将来を考える」と校長先生。
最近はここまで、真剣に考えてくれる先生少ないんです。

素晴らしい先生の中の一人です。

 

 

通信制高校 卒業式

Facebook Comments
ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る