不登校・高校中退・引きこもり相談東京都NPO法人高卒支援会

一年経って、Before After

皆さん、お早うございます。

引きこもり経験だった子の中にはこの一年で、かなり成長した子がいるんです。

【一年経って、Before After】

「○○さん(先生)英語の仮定法で、このカッコはこれでいいの?」←これは通常の英語の授業のやり取りですが。1年前の彼の事を知っている人からすると、耳を疑う。

中学受験で難関校に入学したものの、中一から英語でつまずき、それ以来、英語コンプレックス。入学するまでも、ご両親と何度か部屋から出て、引きこもらない、作戦を立て、ようやく、入学。

ご両親に伝えた、彼の立ち直りの方法は勉強の挫折感を払拭して、高校卒業までに将来の目標を決めること。英語は未だ、嫌いだろうけど、やればできるというマインドは持ってもらえたと思います。

「ニートでいいや!」と言っていた彼は若い講師から「○○君改造」計画を作ってもらい、服装、ヘアスタイルなど、今風の高校生になったんです。

女子とも、普通に会話が楽しめるようになり、彼が1年前、引きこもっていたのだろうか?と。

【英語じゃ無くても良かった】

前述の彼は英語をリベンジすることで、自信に繋がったんだと思います。別に英語じゃ無くても、自信がつけば、自然、態度も服装も変わっていくものじゃないかと.

若い講師のサポートがキッカケだと思いますが.
昨日も彼と、
「大学目指して頑張ってるんだ!?」
「それもありますが、高校卒業したら、家を出ろといわれています。なんか、金の無駄だと思うですけど」
「いいじゃないの!」と。
自立への道をまた一歩! 

ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る