今日の引きこもり訪問(朝起きられない子どもの例)引きこもり・不登校相談東京都 NPO法人高卒支援会

引きこもり・不登校相談東京都 NPO法人高卒支援会の根本崇詩です。 引きこもり・不登校中学・高校生の訪問・連れだしには31年の豊富な経験の下、 引きこもり・不登校中学・高校生の問題を支援し解決・克服を目指します

今日の引きこもり訪問・連れだし日記
私立中学不登校、保護者の許可を得て、朝の10時に自宅訪問をしました。
トントンとドアをノック、母親が出て「朝まで起きていて、ずっと部屋に閉じこもり、学校に行けてない」と言われながらリビングに案内されました。
お子さんはリビングのソファーで寝ており、お子さんを起こしましたが、
「寝てないから」といわれ二度寝。
「起きるまでいるよ、早く起きな」と
5分ひたすら起こし続けているとついに折れたのかむくりと起き上がりました。

私が「自分で服着替えて顔洗ってこれるか?手伝おうか?」と
少し挑戦的な口調で質問すると 「出来ますよ」と言って部屋に向かいました。
中々部屋から出てこないので母親が様子を見るとお子さんは寝ており 「あと5分寝かせて欲しい」と言われたそうで、
代わりに私が部屋に入り「早く準備して終わるまで部屋から出ないぞー」と一言。
それからゲームの話や部屋にある漫画についての雑談を交えながら家を出る準備を促すとお子さんも次第に服に着替えて顔を洗い支度を終えることが出来ました。
母親も朝起きて家から出る支度をしたお子さんに驚いていました。
お子さんは靴を履きながら「今日は夜早くに眠れそうです」とつぶやき一緒に家を出ました。
Facebook Comments
ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る