試験を受けられない引きこもり生徒のなおし方 引きこもり・不登校相談東京都 NPO法人高卒支援会

引きこもり・不登校相談東京都 NPO法人高卒支援会の根本崇詩です。 引きこもり・不登校中学・高校生の訪問・連れだしには31年の豊富な経験の下、 引きこもり・不登校中学・高校生の問題を支援し解決・克服を目指します 今日の引きこもり訪問・連れだし日記 本日は23区内在住の中学3年生S君の相談・連れ出しに行って来ました。 引きこもりの期間は約半年。 前回の定期試験は受けず、半年間何も勉強をしていない状況の中、今回の期末試験に臨もうと考えていました。 しかし、口で言えても体が動かない、そうやって半年間経ってしまったわけですから、 今回も中々体が動かず、私はそんなS君に4つの提案をして引きこもりを治しました。 ①今回の期末試験の勉強を1週間遅刻してでもいいからエルタワーに来て勉強すること。 ②4日間しっかりと期末試験を受けること。 ③一日でも来なかったり、試験を受けなかったら今の学校に残らず違う道を考えること。 ④親に自分の口から3つのことを伝えること。 半年間引きこもってた子にとって期末試験をやり切ることは簡単なことではないと思います。 しかし、本当に学校に残りたいという気持ちがあるのなら、しっかりと目標設定をして取り組むこと が大切です。 実際にS君は両親の力も借りながらですが、1週間当会に通い試験勉強をすることが出来たのです。 実は今日が試験日1日なのですがしっかりと朝起きて学校に行けたそうです。   同じようにお子さんの試験日が近づいて進級・進学できるかどうが悩んでいるお母さんお父さん、 気軽に当会にご相談ください。一緒に頑張ってきましょう。  
Facebook Comments
ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る