不登校・高校中退・引きこもり相談東京都NPO法人高卒支援会

不登校 イベント 2月3日 生徒企画 アイススケート

不登校高校・中学生イベントブログ  不登校生 NPO法人高卒支援会運営 学力会の塾生, 通信制、定時制高校サポート校の生徒達が新宿エルタワーで日々の学習、イベント(BBQ,キャンプ,カラオケ,野外活動)などの体験をお伝えするするブログです。

 

初めまして!高卒支援会スタッフの茂呂です!
今回は、2月3日に行われた生徒企画によるアイススケート企画の様子を
お伝え致します。

 

2月3日生徒達が待ちに待ったアイススケートの日がやってきた。
当日はエルタワーに集合し、2時間程授業をした後に明治神宮外苑の
アイススケート場に出発するという手はずだった。
当然のように、これから遊びが控えてる生徒達の様子はいつもよりどことなく落ち着かずそわそわとしていた。

 

自分が参加する生徒達に、今日は勉強しないの?と問いかけると
今日は無理!」「集中できないんだよねー」と、皆一様に今日は勉強したくないようである。

 

そして、出発の時間がやってきた。
皆、我先にと外に出て行くのだが、一人だけ様子の違う生徒がいた。
面倒くさがりのY君だ。
あと10分寝たら行くから先行ってて、めんどくさいし
このままでは、皆のスケートをする時間が減ってしまうよと彼に伝えるも
彼は梃子でも動かない構えなので、強制的に連れ出す事に。

 

出発ということで、企画者であるY君に先導をお願いし、
どことなく頼りないながらも、しっかりと電車を乗り継ぎアイススケート場までの案内を果たしてくれた。
彼はこれで企画を立てるのも3回目なので、こういう事にも慣れてきたのだろうしっかりしたものだ。

 

スケート場に到着し、スケートを始める生徒達。
ところが、いつもやかましい男子グループの様子がおかしい。
面倒くさがりのY君や、今回の企画者Y君、皮肉屋のO君も
後ろから見る限りまるで生まれたての子鹿のような体勢ですこしづつ進んでいるではないか。
それを尻目に、先輩グループや、女子グループは、スイスイと進んでいく。
そう、いつも元気な彼等はスケート初体験だったのである。

もう無理ー!帰りたい!」「足いたい!」「どうすればいいの?

三者三様の反応を見せつつも、このままではマズいと思い先輩連中と一緒に彼らに滑り方を教える事に。

 

よくよく彼らの滑り方を見てみると、つま先のスパイクが氷に引っかかっていたり、足の出し方が悪いようで、
それらを指摘すると面倒くさがりのY訓と皮肉屋O君は話の半分を聞かないうちにみるみる上達していった。
企画者のY君も、他の二人より遅まきながらなかなかに滑れるようになり、
楽しくなってきたのか、いつの間にかいつもの元気なやかましい男子グループにもどっていた。

 

いざ休憩時間にしようと提案しても、
あと1周滑ったらいくから先行ってて!」と面倒くさがりのY君が言う。
出発前にはあんなにやる気の無かった彼がこんなにもやる気を出すのだ、
普段の様子からでは見る事の出来ない、意外な一面を垣間みることができた。

 

 

 

 

最後に、スケートを体験し終わった生徒達の感想文を掲載させて頂きます。

____________________________________________________________________________________________

 

ぼくたちは、2月3日に明治神宮外苑スケート場にスケートをしにいきました。
ぼくはスケートをするのが初めてだったので、滑れるかとても心配でした。
最初はやはり全く滑れなかったですが、周りの人の中では一番下手だったので次までに練習してきたいです。
今回のスケート企画はスケートが初めてという事もあって、とても楽しかったです。是非また行きたいです。

 

2月3日に明治神宮外苑アイススケート場に行った。
私は朝寝坊をしてしまったので新宿駅西口改札で皆と落ち合った。
改札でSさんだけが残って待っていてくれると思っていたので、皆で改札に歩いてくるのを見てかなり驚いた。
アイススケート場に入り滑ると思った以上に滑れたので、面白かった。
一緒にSさんと滑っていたが、上達が早くて、すぐに追い抜かれてしまった。
運動神経がいい人はどんなスポーツもオールマイティにできるのかと、少しうらやましく思った。

____________________________________________________________________________________________

 

このように、普段では見る事のできない一面も見る事ができる
こういったイベントは、様々なきっかけにもなる重要なものだと今回のイベントで痛感させられた。
不登校や、引きこもりでお悩みのお父様、お母様、
イベントを通してお子様の意外な一面をひきだしてはみませんか?

 

 

みなさんお疲れさまでした!!

 

 

 

ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る