不登校・高校中退・引きこもり相談東京都NPO法人高卒支援会

進学相談~高校1年生 留年勧告から進級!~

おはようございます。高卒支援会 相談員の三村です。

進学・転学相談で2月に入り、留年勧告・退学勧告に関する相談が非常に多くなってきてます。
この時期にご相談頂く場合、年度末までの期間が短く色んな選択肢を見れなくなっているご相談者が多くいらっしゃいます。

当会で実際に2月〜3月にかけてサポートした、留年・退学決定後の生徒たちをご紹介します。
 
高校三年生、地方の私立高校での卒業間近に理不尽にも退学処置を受けてしまった女子
モデルのアルバイトで高校の制服を着たまま載った雑誌を見て、学校長が退学勧告を出したというそうです。
→緊急で当会提携の通信制高校に転校、幸い二年次までの修得単為数が多かったため、残り十数単位の課題をフルサポート
もちろん本人も猛勉強して卒業要件に達する事ができました。
 
高校一年生、性根は良い子ですが普段の素行がチョット悪い男子
ギリギリで出席が足りず、留年決定。
→勉強に抵抗のある生徒でしたが、一年間の履修単位を無駄にしないよう、当会へ転校し苦手な勉強を頑張り、十単位弱を修得し無事二年に上がれました。
 

転校をして学年を落とさずに進級することで、問題の先延ばしを避けることが出来ています。一年間、同じ学校に残って卒業する・高校浪人するといった生徒の場合、問題の先延ばしを行うようになって生活習慣の乱れが起きやすいように思えます。

 

次に留年決定をしてしまった子どもの保護者様からの相談の様子をご紹介します。

高校二年生、幼稚園からある私立の大学付属高校に通う女子

勉強をする気を失ってしまい学校に通えず留年決定。その後はひきこもり状態で自分の興味あることでしか外出出来ない。

 

「無気力状態になって学校に通えなくて留年決定しちゃったんです。もうやめるって娘も言っているんですがどうすればいいですか??私は今の学校に残して来年また頑張らせたいんですが。」

 

「無気力状態ですと学校に残っても来年同じことになりますよ。通信制高校サポート校に通って、簡単な課題をこなすリハビリをしていくといいですよ。」

 

「通信制高校ですか?娘は大学には行きたいみたいなんで高卒認定を受けたいと言っているんですけど」

「高卒認定も良い選択肢だと思います!ただし今は通学する気力がないので、毎日通える場所でのリハビリは必須ですね。」

 

「そうですね…。今のままでは大学に受かったとしても通えるイメージが湧きません。」

 

「そうなんです。大学に通うには自分で考えて授業を受けていく必要もありますので、どこかに通学することが出来るようにならないといけません。当会では平日朝9:30~17:00まで教室開放して、生活改善のサポートをしています。直接面談も行っていますので、よろしければ新宿駅前のエルタワー18Fまでお越し下さい!」

 

「直接面談の予約お願いします!娘も連れて行きますね!」

 

 

年度末までの期限が短いと様々進路選択が見えなくなってしまいます。

ご家庭だけで悩まずに色んな所に相談してみて下さいね!

 

 

少しでも、お悩みの保護者様、生徒さんいましたら是非一度お問い合わせください。

また、我々の団体で支援活動を手伝ってくれるインターン学生・賛同いただける企業様個人様も募集しております。下記のお問い合わせからご連絡ください。

NPO法人高卒支援会 塾部門:お問い合わせ

高卒支援会 相談:お問い合わせ

インターン生募集:お問い合わせ

支援・寄付:支援・寄付募集ページ

ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る