不登校・高校中退・引きこもり相談東京都NPO法人高卒支援会

高校3年生S君の大学受験の日々 その2

引きこもり・不登校相談東京都 NPO法人高卒支援会の根本崇詩です。
引きこもり・不登校中学・高校生の訪問・連れだしには32年の豊富な経験の下、
引きこもり・不登校中学・高校生の問題を支援し解決・克服を目指します

今回は通信制サポ-ト校に所属しながら、大学受験に向けて勉強を始めたS君に対して
我々が他塾ではやっていない取り組みについてのお話しの続きです。是非ご覧ください。
前回の流れ

高校3年生のS君は11月から受験勉強を始め、12月にあるセンタ-模擬試験を受けました。

その結果は・・・

志望校がそれぞれD判定でした。

結果を知り私はとても落ち込んでいるんではないか、やる気を失ったのではと感じていましたが、

S君「根本先生、結果は良くなかったですけどやるしかないですよね。」

とS君は力強く言いました。

 

S君が当会の通信制サポート校に入ってきた頃を良く知っている先生はS君のそんな姿をみて

S君が初めて高卒支援会に来た時、自分の世界にこもり、人に心を開くどころか、人の話に耳を傾けることはなかった。しかし今では相手の目を見て話に耳を傾けるようになった、彼は本当に変わった。」と言っていました。

 

S君はセンター模試の結果後、現在まで毎日新宿エルタワーで朝9時半から勉強し、その後夕方の個別授業で1対1で勉強の見直しをして、その後自宅で宿題をこなしています。

S君「最近勉強が楽しくなってきたんですよ。わからないことがわかるようになるのって面白いですね。」S君は勉強を通して自信も持つことが出来るようになったんです。

S君のお父さんは「息子が家で勉強している姿を見るのは3年ぶりだ・・・」とS君が家で机に向かって勉強する姿に感動しているそうです。

 

現在、東洋大学、日本大学、明治大学の3校を受け終わりました。

特に東洋大学の対策に重点を置いていたのでそれぞれの科目が6割から7割の得点を取れていました。
12月の時点でD判定だったにも関わらずそれだけの得点を取ることができるようにまで成長したんです。
S君「僕、予備校とか行っていたら多分大学受験の勉強続いていなかったと思うんです。

先日の夕方個別が終わった後、S君はそう言って帰っていきました。

S君にとって当会に所属し多くのスタッフや生徒たちと関わってきたからこそ自分で道を決め、それに向かって突き進めたのではないでしょうか。

S君は16日の法政大学受験に向けてラストパートをかけています!是非最後まで全力を尽くして欲しいです!

 

当会の通信制サポート校は高校卒業だけではなく、大学受験に向けた指導もしています。学習塾部門がある当会ならではのサポートです。

学習塾部門の特徴はただ勉強を教えるのではなく、規則正しい生活をするよう指導し、勉強を通して自信をつけさせ、自律させ一人前の人物にして送り出すよう32年間指導してきました。

少しでも、受験にお悩みの保護者様、生徒さんいましたら是非一度お問い合わせください。

NPO法人高卒支援会 塾部門:お問い合わせ
また、我々の団体で支援活動を手伝ってくれるインターン学生も募集しております。下記のお問い合わせからご連絡ください。

インターン生募集:お問い合わせ

当会の学習塾部門の案内です。S君と同じように所属して自信がついた!という他の生徒の一例もご覧ください。

不登校塾東京03-5937-0513不登校塾の選び方東京都新宿区不登校改善塾東京都不登校中学生学習塾高校不登校塾東京不登校塾東京 from 不登校・高校中退塾 東京都相談はNPO高卒支援会
ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る