通塾・通学生・スタッフブログ@スキー教室part1

不登校高校・中学生ブログ 不登校生が綴る、NPO法人高卒支援会運営 学力会の塾生, 通信制、定時制高校サポート校の生徒達・スタッフが新宿エルタワーで日々の学習、イベント(BBQ,キャンプ,カラオケ,野外活動)などの体験を発信する不登校・高校中退・引きこもり情報ブログです。 実際に当会在籍中の中学2年生~高校3年生の書いた日記や、実際教室で起きた出来事等もみなさんにお伝えしてきますので是非ご参考ください。   〜スキー教室part1〜 こんにちは!高卒支援会教務部の竹村です。本日は、先週引率したスキー教室についてお話をします。 始まりは、当会に所属する中3女子二人組の会話からスタートでした。 Sさん:『この前家族でスキー旅行行ってさ〜・・・』 竹村:『そうなんだ!私は、高校時代スキー部だったから教えられるよ!』 Sさん:『え!?ほんとに!?もっと上手くなりたいし運動好きだからまた行きたかったの!』 というものです。当会は、通信制サポート校も併設しており、高校生とも関わって生活しています。ちょうど、通信制高校の生徒との行事として旅行を企画する予定だったので話を進めることにしました。自律を教育目標に掲げているためなるべく生徒主体で話を進めました。 まずは、旅行会社でツアーやプランの説明を受けました。ここで、障害になったのが年齢制限でした。保護者の同意書が必要になったため、Sさんに参加者の人数確保を優先してもらいました。そこで、スキー教室企画書を書いてもらい総勢12名の参加者が集まりました。この企画書も、パソコンのwordで作ってもらい、皆の前でプレゼンしてもらいました。その後、ツアーの詳細も決まり、新潟へ2泊3日の旅行となりました。     当日、東京駅の新幹線改札前で集合とし、新宿組は私と東京駅へ向かいました。集合時間になっても一人現れないM君という生徒がいました。 竹村:『もしもし、M君?間に合うか?』 M :『えっ!?明日じゃないんですか!?』 というハプニングにもありましたが、M君は昼には無事合流でき楽しい旅行がスタートしました。   新潟に着くと辺り一面が雪に覆われており、生徒達の顔が自然と解けてキャッキャしていました。 そして、第一声がもちろん『さっみいいいいい〜〜〜〜〜!』でした。普段外出もなかなかしない子ども達にとっては、雪国に行くことすら未知のものだったようです。そして、ほとんどの生徒が寒さの感覚が分かっておらず薄着でいました(笑)       駅からは、送迎バスでロッジまで向かい、荷物を降ろし、早速レンタルショップでスキーの板とブーツなどの一式を借りに行きました。 グローブやゴーグルなんて要らねえ!とか言い出す始末だったので、私が一式必要な道具を伝え、いざ装着! いよいよスキー開始です。 滑る前の生徒達はみんな笑顔でしたが、5分後には一変・・・。 板を装着できない生徒が続出!1mも滑らないうちに転倒してしまう者も多くいました。幸い広いスキー場だったので、練習が安全にできました。 とりあえずは、ボーゲン(ハの字の形に板を整えて滑る滑り方)はある程度できるようになり、初日は終わりました。 その日の最後に中級者コースまで上り、滑りながらロッジまで帰宅しました。私は久しぶりのスキーで疲れがたまり夕食を食べた後すぐに就寝。スキーは、年を重ねてもできるスポーツです。行くまでが大変ですが、景色も良く楽しいのでおすすめです! 次回は、二日目以降について書いて行きますので、またご覧ください。         少しでも、お悩みの保護者様、生徒さんいましたら是非一度お問い合わせください。 また、我々の団体で支援活動を手伝ってくれるインターン学生・賛同いただける企業様個人様も募集しております。下記のお問い合わせからご連絡ください。 NPO法人高卒支援会 塾部門:お問い合わせ 高卒支援会 相談:お問い合わせ インターン生募集:お問い合わせ 支援・寄付:支援・寄付募集ページ
Facebook Comments
ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る