不登校でも出席日数は大事

不登校でお悩みの方へ
こんにちはNPO法人高卒支援会の杉浦です。 昨日のblogでも不登校でも出席日数は大事と書きました。 それは高校進学、転学(転編入学)、進級、卒業等で大事というだけではなく、当会が32年前より、規則正しい生活をすることが不登校・高校中退の立ち直り欠かせないのです。
【出席日数のカウント】
公立中学校では不登校になると公立の適応指導教室という不登校の居場所、または自治体によっては学校と同等の授業を行い、出席日数をカウントしてもらっている。 私立中高一貫校は保健室登校止まりで、こうした、不登校の対応サービスが行われていない。 唯一、私立中学校に在籍しながら、
「恥を忍んで、公立の適応指導教室に通わせるか?」です。
「恥を忍んで?!」何のことだろうとわからない方もいらっしゃると思いますが、
本人や保護者は「折角、良い私立に入った」というプライドが恥を忍んでという表現が妥当なのです。
「では、どうすれば良いでしょうか?」
「はい、いくつかの私立中高一貫校は当会の活動を信頼して、当会の出席=在籍校の出席とする学校もあります」
【起立調節障害でも都立高校に進学できました!】
「朝起きられない」などから医師から起立性調節障害と診断され、不登校に陥る子は少なくありません。 当会は医者ではありませんが、規則正しい生活を励行し、出席日数のカウントを中学校に認めてもらった、 生徒はマイペースで勉強の自信を取り戻し、例年、都立新宿山吹高校はじめ、進学し、起立性調節障害による、不登校を改善するケースも少なくありません。
こちらは動画のインタビューもあります。 是非、ご視聴下さい。参考になります。

東京新聞注目!起立性調節障害不登校からでも都立高校進学起立性調節障害不登校の相談会講演会 

ツイートツイート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相談 / お問い合わせ

カレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

関連協力団体

大阪府:心理カウンセリング機関
コミュニティ総合カウンセリング協会

NPO法人コミュニティ総合カウンセリング協会HP

和歌山県:第2種社会福祉事業 ファミリーホーム
道楽寺
「童楽寺ホーム」「こどもの寺 童楽寺」HP
ページ上部へ戻る